1. ホーム
  2.  
  3. お役立ち情報 > 快適さ

快適さ

2014年05月27日

 

 

クレバリーホームでは機密性に優れたものコック構造に加えて

建物全体を断熱性の高い構造で包み込む工法を採用しております。

 

外壁屋外の熱を伝えにくい

外壁通気工法と断熱材・石膏ボードの組合せ

熱のこもりやすい小屋裏には

断熱材・石膏ボード・ビニールクロスの3層構造

床下には

断熱性と通気性に優れたポリスチレンフォーム

をそれぞれ採用し

新省エネルギー基準をクリアする気密・断熱性能を標準仕様で達成しました!

 

断熱材とベーバーバリアシート(プラスチック系防湿フィルム)の追加

隙間風が入りやすいコンセントボックスの気密処理などきめ細かな配慮を行い

次世代省エネルギー基準にも高い性能で対応☆

 

1快適さ1快適さ2

快適さ

 

 

また

次世代省エネルギー基準にも対応する

ペアガラスサッシを標準装備

玄関ドアにも断熱仕様を採用しております。

クレバリーホームのモデルハウスにご来場いただいたお客様の多くは

室内の暖かさに驚かれるのです。

その理由の1つとして

遮熱・断熱性に優れ

たペアガラスサッシや断熱構造の玄関ドアを標準装備している

ということです。

 

高気密・高断熱構造の建物では、開口部である窓や玄関がもっとも熱の逃げやすい場所になります。

クレバリーホームでは

12mmの空気層を備えたペアガラ

スサッシ

断熱材をサンドイッチ構造にした玄関ドアを使用

することで

四季を通して冷暖房効率を向上させております。

また

サッシや玄関ドアは結露の発生を効果的に抑える

とともに

屋外の騒音をシャットアウトする防音性能にも配慮

しております。

ちなみに

高遮熱・高断熱の

Low-Eペアガラス仕様

のサッシもお選びいただけます。

 

Low-Eと

Low Emissivity(低放射)の略です。

ガラスにコーティングした特殊金属膜が熱エネルギー(赤外線)を反射し

熱放射量を一般的なペアガラスの約2分の1まで軽減させます。

これにより

夏は日射熱の流入を防ぎ、室内の冷房効率を高め

冬は暖房輻遮熱の流出を防いで暖房晃散るを高める

ことが出来ます。

またLow-Eガラスは

紫外線の侵入を抑え、畳屋家具等の日焼けを低減する効果もあります。

 

 

1快適さ31快適さ5

1快適さ41快適さ6

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • おすすめ物件・土地情報
  • お役立ち情報
  • LIXIL不動産ショップデッキィ401店
  • クレバリーホームのリフォーム

    クレバリーホームのリフォームは、住宅の工法や構造を熟知したハウスメーカーとしての技術力、地域密着スタイルでいつでも相談できる対応力、そして、注文住宅で培った経験と実績による企画・デザイン力で、いつまでも家族の満足が続く住まいと暮らしを創造。
    全国フランチャイズのスケールメリットを活かした、クレバリーホームならではの安心と信頼のリフォームサービスをお届けします。

メニュー